第9回開催 季里賞

WIND HERO

赤星 俊平 / 齊藤 エドワード(日本)

作品概要

ハンディ扇風機を用いたディフェンスゲームです。襲いかかる敵たちを吹き飛ばしたり、風車を回して橋を架けたりして、主人公である勇者を風で導きます。

 本作品ではハンディ扇風機をコントローラとして用いることで、実際の風が吹き出る感触や、プロジェクションされたキャラクタやギミックを風で吹き飛ばしているような感覚を楽しむことができます。
実際の風自体ではなく、VR用のセンサを用いて扇風機の位置と角度をトラッキングし、ゲームエンジン内で風をシミュレーションすることによって実際の風とプロジェクションの連動を実現しています。

審査員コメント

デジタル絵本アワードは、「たのしい!みたことない!世界が広がる!」そんな子供向けコンテンツを募集しています。その中でも「みたことない!」は「まだ世の中にない」「誰も思いつかなかった」ということですので、なかなか難しいなと思っています。そんな中、この夏の猛暑で大活躍だったハンディ扇風機の風を使ったこの作品にはグッときました。目に見えない(でも誰もが確実に感じることができる)風が、目の前に広がるデジタルな世界に影響を与えることは、不思議なんだけれども、とても自然に感じます。
子供だけでなく、ゲームコントローラーの操作が苦手な全ての人がヒーローになり楽しめるアイディアだと思いました。うちわバージョンもぜひ!