審査基準

審査基準

以下の3つの要素に基づき、審査を行います。

たのしい!

こどもたちを魅了し、夢中にさせる楽しさ

みたことがない!

これまで出会ったことのない新しい表現世界がひろがる!

世界がひろがる!

こどもたちの想像力・創造力を育み、世界を広げてくれるしかけ

審査の流れ

「審査会」にて、応募作品の選考を行います。
※主催者は、個別の審査対象の審査内容に関する情報の開示請求には対応いたしません。

デジタルえほんアワード審査員※敬称略・五十音順

*随時追加予定

いしかわこうじ

いしかわ こうじ

絵本作家

角川 歴彦

角川 歴彦

株式会社KADOKAWA
取締役会長

きむらゆういち

きむらゆういち

絵本作家

季里

季里

女子美術大学アート・デザイン表現学科メディア表現領域教授

榊原 洋一

榊原 洋一

医学博士・
お茶の水女子大学名誉教授

杉山 知之

杉山 知之

デジタルハリウッド大学学長

矢部 太郎

お笑い芸人・漫画家

石戸 奈々子

国際デジタルえほんフェア実行委員長・NPO法人CANVAS理事長・慶應義塾大学教授

デジタル教材賞 審査員※敬称略・五十音順

教育現場の第一線で活躍されている有識者や先生方が審査を行い、選ばれたデジタルえほんは「デジタル教材賞」として表彰します。

宇治橋 祐之

宇治橋 祐之

NHK放送文化研究所
主任研究員

坂井 岳志

坂井 岳志

日本教育情報学会理事・
世田谷区立八幡小学校 講師・
墨田区立八広小学校 講師

平井 聡一郎

平井 聡一郎

株式会社 情報通信総合研究所
ICT創造研究部 特別研究員